夢の中では大冒険!現実にはありえない摩訶不思議な夢日記。


by milk-waiu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

20090330

夢の中で私は寝ている。
私の周りに女の人が2人コソコソ話をしている。
どうやらpopokiさんとkiyomixさんらしい。

私は眠りが浅いので2人の声で目を覚ましたが寝たふりをして話を聞いていた。
この2人は何やらたくらんでいるようだ。

そして私は土手のような広い場所に連れていかれた。
そこには人間がカラクリの一部になっている大きなピタゴラスイッチがあった。
でもあんなに楽しげなものではない。まるでお化け屋敷だ。

人が転がされ、大きな玉が体に当たり、仕掛けが動き
人々(人種も年齢もさまざま)の顔は苦痛に歪んでいる。

その場を通り過ぎて部屋に入れられた。
色んな人達が話している。

しばらくするとまた外に出された。
もう外は暗く、今度は土手一面が砂利でおおわれている。
その土手の一角に倉庫があり、車らしき乗り物が並んでいた。
男女10~15人、年齢20才~40才までの人達が乗り物を奪い合う。
金髪の外国人男性2人が黒髪の女の人を奪い合いケンカが始まった。

乗物で競っていたが、降りて殴り合い、女の人に近づいて行った。
「危ない。」と思い私は追いかけて行った。
すると男2人は突然大きな黒い影に襲われていなくなってしまった。

その女の人は笑っていた。
私はビックリして声も出せず、ただ女の人を見ていた。
すると女の人の乗り物の中に黒いモノが動いた。
それは犬らしいが、トラやライオンぐらいの大きさと鋭さを持っていた。

私は笑う女の人に何も言えず、その場を離れ自分の乗り物に乗った。
どうやらこの場は生きるか死ぬかのレースらしい。
この場所から無事に脱出できるのか?!
夜の闇は深まるばかりだ。

終わり。
[PR]
by milk-waiu | 2009-04-10 20:16 | 不思議な夢の記録