夢の中では大冒険!現実にはありえない摩訶不思議な夢日記。


by milk-waiu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

20090324

商店街を歩いている。
ふと、一つのお店が気になり入ってみる。

縦長のお店。壁も天井も床も一面真っ白。
店の両脇と真ん中にショーケースがあり、商品がポツリポツリと置いてある。
店の奥3分の1は事務所なのか右側に机があり、左側にはベッドが置いてある。
お店との仕切りは高さ1メートルほどの柵だけなので丸見えだ。
よく見ると店の人はおらず、どうやらベッドで寝ているらしい。

お店を出ようか迷ったが、見ることにする。
なんだかよくわからない小さな小物がたくさんある。
すると外が暗くなり雲行きがあやしくなってきた。
あっという間にザーザーと激しい雨が降ってきた。
さらに困った。
本当は店の人が起きる前に出て行きたいがこの雨じゃ出られない。
するとお店の人がいつの間にか起きてきていた。

お店の商品をいろいろ説明されて、なにやら面白いことをするので
スボンの裾を膝までまくれと言う。
左足のズボンをまくるとスネに5円玉みたいなものをペチッとはっつけられた。
そのとたん左足が電気にあてられたようにビリッビリッとしはじめた!

「なんじゃこりゃ!」

その後、店の奥に行き商品ケースにお団子が売っていた。
これなら買えそうな値段だ。お店に長くいたし、友達にも会うからお土産に買っていこう。

そして、待ち合わせのボーリング場に行くと友達がいない。
大勢の大人たちが待合室みたいな所にいる。
外にも出て探してみたが友達は見つからなかった。


終わり。
[PR]
by milk-waiu | 2009-04-03 12:03 | 不思議な夢の記録